03.執行条件の指定や逆指値注文ができない

執行条件が指定できないSOR注文

SBI証券は、一部の銘柄をSOR対象銘柄に指定しています。

このSOR対象銘柄の場合、初期設定の注文入力画面では、
執行条件の指定や逆指値注文を選ぶことができないので、簡単な設定変更が必要です。

SOR注文とは?

SOR(スマート・オーダー・ルーティング)とは、
複数市場から最良の市場を選択して注文を執行する注文方法です。

SBI証券では、SBI証券が定める優先市場とPTS市場で提示されている気配価格などを監視し、
原則、最良価格を提示する市場へ自動的に注文を執行します。

つまり、自分で各取引所の価格をチェックしなくても、優先市場とPTS市場のどちらに注文を出したら
いちばん良い価格で取引できそうかSBI証券が判断して、注文を振り分けてくれる注文方法です。

※SOR判定は、価格だけでなく、取引が成立する可能性が高いかどうかも考慮するので、
 必ずしも価格が有利な市場に発注されるとは限りません。
 また、一部例外もありますので、お取引ご注意事項(SBI証券サイト)をご確認ください。

取引市場を指定して条件つきの注文を出す

SOR対象銘柄で執行条件つきの注文や逆指値注文を出したい時は、
取引市場を指定することで条件つきの注文を出すことができます。

個別銘柄画面を開く

画面上部にある「個別銘柄」ボタンをクリックしてください。

画面上部にある「個別銘柄」ボタンをクリックします。

取引市場を選ぶ

SOR」をクリックし、取引する市場を選んでください。

複数の市場に上場している銘柄の場合、優先市場に*マークが表示されています。

複数の市場に上場している銘柄の場合、優先市場に*マークが表示されています。

取引市場の変更完了

取引市場の変更ができました。

取引市場の変更ができました。
これで執行条件つき注文と逆指値注文ができます。