01.ローソク足を覚えればチャートがわかる

チャートとは

株価の推移をグラフで表したものを「チャート」といいます。

株価の推移をグラフで表したものを「チャート」といいます。

チャートは、今まで株価がどのように推移してきたのかを知るために使うことができます。

いろいろな種類があるチャートの中でもっとも一般的なものは、上図のローソク足チャートです。

ローソク足の見方

上の表にある赤と緑の記号をローソク足といいます。

ローソク足はそれだけで、
始値・・・その期間のいちばん最初の取引の株価(寄付時の株価)
終値・・・その期間のいちばん最後の取引の株価(大引け時の株価)
高値・・・その期間のいちばん高い株価
安値・・・その期間のいちばん安い株価
を表しています。

ローソク足の長さがバラバラなのは、その時々によって株価の動きが違うからです。
そしてローソク足の色によって、始値と終値の関係が少し変わっています。

赤いローソク足 陽線

陽線は、始値よりも終値が高かった時に使われます。

「ひげ」という線がその期間中の値動きの幅を表しています。
ひげが長いほど、期間中の値動きが上下に大きく動いていたことになります。

赤い陽線は、始値よりも終値が高かった時に使われます。

緑のローソク足 陰線

陰線は、始値よりも終値が低かった時に使われます。

赤い陽線と緑の陰線でつくられたチャートを使って、株価の推移を見ていきましょう。

緑の陰線は、始値よりも終値が低かった時に使われます。

始値はいつ? 高値はいつからいつの取引の高値?

ローソク足は「ある一定期間」の株価の動きを表しています。
その期間は主に、「日」「週」「月」の3つに分けられ、
それぞれ「日足(ひあし)」「週足(しゅうあし)」「月足(つきあし)」と呼ばれています。

  日足 週足 月足
期間 1日 1週間 1ヶ月
始値 1日の寄付の株価 週初めの寄付の株価 月初の寄付の株価
終値 1日の大引けの株価 週終りの大引けの株価 月末の大引けの株価
高値 1日でもっとも高い株価 1週間でもっとも高い株価 1ヶ月でもっとも高い株価
安値 1日でもっとも安い株価 1週間でもっとも安い株価 1ヶ月でもっとも安い株価